病気と向き合い明日を目指す人々の記録【前途への詩】

Read Article

子供が熱性痙攣を起こしてしまいました。

私の息子は9ヶ月なのですが先日初めて熱を出しました
朝方に38.5度ありましたが赤ちゃんは平熱が高いので大人の微熱程度なようで息子本人はとても元気でしたが、1人目と言う事もありとても心配ですぐに病院へ連れて行きました
お医者様からは「子供は風邪でなくても熱を出すのでこのくらいなら心配ないですよ」と言われ高熱の時用に解熱剤を頂きました
夜からかなり熱が上がりだし40度近くまで上がったので解熱剤を使用し、寝る間も惜しんで看病しましたが翌朝も38度台。

私の息子は眠くなったり嫌なことがあったりすると耳をかいてしまう癖があるため見てみたところ耳の穴の入口に膿が出ており、これが原因ではないかと急遽耳鼻科に行きましたが結局問題はありませんでした。

夫が休みだったので車で病院に行っていたのですが、その帰りのことです。

もぉ家の近くまで来ていた時でした、「あーーーーっ」突然息子が奇声を出し振り向くと目を見開いたまま痙攣していたのです。

すぐさまチャイルドシートから降ろし夫が抱き上げると子供は唇が真っ青になっており意識がなくなってしまっていました。

まるで悪夢でした、私は泣きながら救急車を呼びましたが、夫はパニックで救急車の番号すら出てこなかったようです。

その時の体温は39度台、病院に着くと痙攣止めの座薬と点滴の処置がされ『熱性痙攣』と言われました。

熱性痙攣は熱を下げたあとまた急激に熱が上がった時になるそうで多くは遺伝での体質なそうです、聞けば夫も小さい頃に何度か熱性痙攣を経験していました。

今は熱も下がり目の前で元気に遊んでくれていますが、痙攣を起こした時は死んでしまうのではないかと怖くて怖くて仕方ありませんでした。

また熱性痙攣を起こす可能性があるようですがお医者様からは命に関わる事はないと言われ安心しています。

まだ子供はわからないことが多いのでこれからも一層息子のことをよく観察して行きたいと思っています。

Return Top